看護師の転職事情

看護師の転職事情

求人状況について



医療業界は常に人手不足であると言われています。特に看護師は求人数に応募者が追いつかず、慢性的な人手不足が深刻な問題となっているようです。この慢性的な人材不足を解消する手段として、看護資格を持っているが様々な理由から現在働いていない「潜在看護師」の現場復帰が期待されています。

なんらかの要因で看護師の資格を所持しながら看護師の仕事をしていない「潜在看護師」は全国に多数いるといわれており、その要因の中に結婚と出産があります。看護師の仕事は長時間勤務や夜勤などがあり、家事や子育てをしながら両立していくのは難しいということです。

またその他の要因として約10%が看護学校を卒業して1年以内に退職しているというデータがあります。この方達は資格を取得したけれども職場になじめなかったり、十分な教育がなされずに退職してしまう人達なのです。

このように看護師の求人は労働者が選べる程出回っており、ある程度の経験があれば採用されるのでそんなに難しい事ではないのです。



平均年収について



看護師も仕事がなくなる心配がないとされている職業です。様々な求人情報を見ても看護師の募集は多く、資格を持っていないから断念しているものの平均年収が気になるという人は多いはずです。大体という目安ではありますが、450万円~500万円くらいが看護師の平均年収となるようです。

国家試験が必要になる職種なので、看護師になるための道のりは長いですが、特に女性の看護師の需要が多いため、産休後には仕事探しの強い味方になってくれるでしょう。看護系の学校や養成所で学ぶための期間も必要となるので、報酬は高めに設定されているようです。ただ、国家資格が必要になるといってもその試験の合格率は高いです。

看護師は、平均年収の高い仕事に就きたいと考えている女性の人に特に人気がある職業で、その平均年収は様々な仕事をしている女性全体の中でもかなり高い位置にあります。女性の平均が300万円を越えないくらいなので、450万円~500万円となるとあまり収入が多くない男性を上回ります。

ただ、仕事がとてもハードであるとして知られているので、勤務時間の関係からも平均年収が妥当かどうかを考えなければなりません。いくら収入が多いとしてもハードすぎる仕事は嫌だと考える場合は、別の仕事を探したほうがいいでしょう。一人当たりが担当する患者数も年々増えている傾向にあり、それに伴い看護師への負担も大きくなってきています。これからは更に高齢化社会となるので、もしかしたら更に状態は悪化するかもしれないという可能性も考えてみたほうが良いでしょう。



ナースフル



とらばーゆ、ゼクシィ、スーモなどでおなじみのリクルートグループ運営の看護師専門の転職・求人サイト。

病院件数・科目求人は業界トップクラス! 高給与、好条件の求人アリ! 専門アドバイザーが、あなたの希望にあった求人を提案してくれます。 看護師専門エージェントが転職活動を徹底支援! 面接日程やその他諸手続などを全面的にバックアップ! 登録は無料! 在職中の方も安心してご登録いただけます。



ナースではたらこ



はたらこねっとでおなじみのディップが運営する、看護師の求人・転職情報サイト。 約9万件以上の医療機関から、ご希望の求人・転職情報が探せます。 専門コンサルタントが、転職・就職についてのアドバイスやサポートもしてくれます! 転職決定時には、キャリアアップ支援金最大10万円プレゼント中! 働きたい勤務先があればディップが直接交渉。求人があれば面接などを全面サポート! サービスは無料。



MCナースネット



全国主要都市14拠点のネットワークを持つ医療総合人材サービス。 キャリアコンサルタントが忙しい看護師に代行して、面接の日程調整や希望条件などの交渉などをサポート! 履歴書や面接対策もサポート。 直接現場を見てきた担当者が職場の情報を詳しくお伝えします。 2つの会員サービス!会員登録は無料!

[ネット会員]

会員限定の追加情報やスタッフインタビューなどのコンテンツ閲覧

[ MC会員 ]

非公開求人のご紹介。全国有名レストランの割引などが受けられるサービスも有り!



ナース人材バンク



公開事業所情報約6万件!年間登録者数約8万人! 忙しい時には、コンサルタントが、求人探しや面接日時を代行。 給与交渉なども行います。 内定先から入職条件を書類で提示していただきますので、入職後の条件の違いによる トラブルを少なくできます。 非公開求人も多数あります。無料登録で閲覧!



厚生労働省によると就職内定率がリアルに最も低い率なのだそうだが…。





厚生労働省によると就職内定率がリアルに最も低い率なのだそうだが、にもかかわらずちゃんと応募先からのよい返事を実現させているという人が少なからずいるわけです。

内定通知がもらえる人ともらえない人の大きな差はいったい何なのか。

売り言葉につい買い言葉ということで、「こんな会社もういやだ!」こんな言葉を吐いて、感情的に退職することになる人もいるようですが、景気が非常に悪い今、興奮して退職することは大きな間違いです。

「自分の選んだ道ならばいかに辛くても頑張れる」とか、「自らをステップアップさせるためにわざわざ大変な仕事を指名する」という事例、何度も聞く話ですね。

正直に申し上げて就職活動のときには、自己分析(自己理解)を行った方がいいと思いますと助言されて実行してみたのだけれども、就職活動の役には立たなかった。

就職先で上司は優秀ならばいいのだが、頼りない上司なのでしたら、どんな方法で自分の仕事力を誇示できるのか、自分の側が上司をうまく突き動かすことが、大事です。

辛酸を舐めた人間は、仕事においてもうたれ強い。

そのへこたれなさは、あなた方の魅力です。

後々の仕事の際に、確かに効果を発揮する時がくるでしょう。

はっきり言って退職金というのは、自己退職だったら会社の退職金規程によって違うけれど、無論のことそれほど多くの金額は支給されません。

だからとりあえず再就職先をはっきり決めてから退職してください。

面接という場面は、受けに来た人がどういう考え方の人なのかを見抜こうとしている場ですので、セリフを間違えずに言うことが要されているわけではなく、真心を込めて伝えようとする態度が大切です。

現在の仕事の同業者の中に「父親のコネでシステムエンジニアだったけれど、この業界に転職をした。

」という異色の経歴を持つ男がいるのだが、その男の考えではSEだった頃のほうが百倍くらいは楽だとのこと。

多様な状況を抱えて、違う会社への転職を希望しているケースが増加傾向にあります。

だけど、転職すると決めたはいいけれど、再就職した後の人生に今までとは大きな差が出る場合もわんさとあるというのが真実なのです。

要するに就職活動の際に、詳しく知りたいのは、職場のイメージとかやりがいのある仕事かどうかなどがメインで実質な仕事内容のことではなく、応募先自体をわかりたいがための材料なのだ。

企業選びの観点というものは主に2つあり、一番目はその企業の何に興をひかれるのか、2つ目は、自分がどういった仕事をして、どんな生きがいを欲しいと感じたのかです。

人材紹介業者の会社では、就職した人が短期間で退職してしまうなどの失敗があれば、評価が悪くなるから、企業の長所も短所も両方共に正直に説明するのである。

面接してもらうとき肝心なのは、あなた自身の印象である。

数十分程度しかない面接によって、あなたの一部分しか把握できない。

それゆえに、合否は面接の時に受けた印象が決めると言ってもいいのです。

外資系の勤務先の環境で所望される商売する上でのビジネスマナーや技術は、日本人サラリーマンの場合に促される動き方や社会経験といった枠を甚だしく超えていることが多いのです。





「自分自身が今まで生育してきた特別な能力や才能を利用して…。





「自分自身が今まで生育してきた特別な能力や才能を利用して、この職業に就きたい」という風に今までの自分と繋げて、ようやく面接の場でも信じさせる力をもってやる気が伝わるのです。

まずは応募先が完璧に正社員に登用してもらえる企業なのかそうでないのか確かめたうえで、可能性があると感じ取れるなら、最初はアルバイトやパート、または派遣などとして働きながら、正社員を目指してください。

実際のところ就職試験の最新の出題傾向を本などで先にリサーチして、必ず対策をたてることを忘れてはいけない。

では色々な就職試験の要点ならびに試験対策について解説します。

働きながら転職活動していく場合、周辺の人達に相談を持ちかけることも困難なものです。

離職しての就職活動に比較して、話を持ちかけられる相手はかなり限定された範囲の人だけでしょう。

「好きで選んだ仕事ならどれほど辛くても踏ん張れる」とか、「自分自身を成長させるなら無理して過重な仕事を拾い出す」とかいうエピソードは、しきりと聞いています。

全体的に会社というものは、新卒でない社員の育成用のかける時間やコストは、なるべく切りつめたいと計画しているので、独自に好結果を出すことが要求されているといえます。

ハッピーに業務を進めてもらいたい、ほんの少しでも手厚い待遇を呑んであげたい、その人の能力を発揮させてあげたい、レベルアップさせてあげたいと雇い主の方も思いを抱いているのです。

何か仕事のことについて話す場合に、要領を得ずに「それについて何を感じたか」ということにとどまらず、おまけに具体的なエピソードを折りこんで話をするようにしたらよいのではないでしょうか。

沢山の就職試験に挑戦していると、非常に残念だけれども採用されないことばっかりだと、十分にあったやる気が日増しにみるみる低くなっていくことは、順調な人にでも起こることです。

会社選びの観点は2つで、1つ目はその会社のどのような所に心をひかれたのか、また別のある面では、自分はどんな業務に就いて、どんなメリットを収めたいと思ったかという所です。

会社というものはいわば、個人の事情よりも会社組織の計画を重視するため、ちょこちょこと、しぶしぶの人事異動がよくあります。

必然的に当事者にはいらだちが募ることでしょう。

では、勤務したいのはどのような会社なのかと質問されたら、答えがでてこないけれども、現在の職場での不満については、「自分に対する評価が低い」と思っている方がわんさと見られます。

どん詰まりを知っている人間は、仕事の上でもスタミナがある。

そのへこたれなさは、あなたならではの魅力なのです。

この先の仕事の場面で、絶対に貴重な役目を果たすでしょう。

一般的に自己分析が第一条件だという人のものの見方は、自分に最適な仕事を探し求めて、自分自身の得意とする所、やりたいこと、得意とすることを自覚することだ。

超人気企業であって、千人を超える応募者がいるところでは、選考に使える人員の限界もあるので、まずは出身大学だけで、面接へ呼ぶかどうかを決めることなどは実施されているようなのであきらめよう。





面接のときに大切なのは…。





面接のときに大切なのは、自分自身の印象なのです。

数十分の面接では、あなたの本当のところはつかめない。

つまり、採否は面接のときのあなたの印象が決めているとも言えるのです。

「自分が今に至るまで育んできた特異な手腕や特徴を有効活用して、この仕事を望んでいる」という風に自分と照らし合わせて、どうにか話しの相手にも重みを持って意欲が伝わるのです。

新卒でない人は、「入社の希望があって、経験も積み上げられそうな会社」なら、どうしても就社しましょう。

零細企業だろうと差し支えないのです。

実体験と業務経歴を蓄えられればそれで問題ありません。

何としてもこれをしたいというはっきりしたものもないし、あの仕事も良さそう、いや、これも良さそうと悩んだ末に、しまいには実際のところ自分が何をしたいのか面接で採用担当者にきちんと、整理できない場合がある。

実際のところ就活の時に、志望者側から応募したい働き口に電話連絡することはレアケースで、逆に応募先の採用担当者からの電話を受ける機会の方がとても多い。

企業の選考試験の一つに、応募者だけのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施しているところは最近多いです。

人事担当者は普通の面接では知り得ない気立てや性格などを観察するというのが目当てなのです。

職業紹介所の就業紹介を受けた場合に、その就職口に勤務が決まると、年齢などの条件によって、当の企業からハローワークに対して斡旋料が渡されるそうです。

【就活のための基礎】成長業界で就職できれば、大きなビジネスチャンスに遭遇することがあるものだ。

新規に事業を始めるチャンスもあるし、新しく子会社や関連会社を作ったり、重要な事業やチームの責任者にさせてもらえる可能性が高くなるということです。

面接選考に関しましては、どういう部分が良くなかったのか、ということを指導してくれる丁寧な企業は一般的にはないので、あなた自身で改善するべき点を理解するのは、とんでもなく難しいのである。

やっとこさ準備の場面から面接の過程まで、長い階段を上がって内定が決まるまでたどり着いたのに、内々定を貰った後の対処を誤認してしまっては帳消しです。

企業説明会から列席して、筆記によるテストや何回もの面接と進行していきますが、これ以外にも無償のインターンシップや卒業生を頼んで訪問したり、採用担当者との懇談などの活動方法もあります。

社会人でも、正確な敬語などを使うことができるわけではありません。

ほとんどの場合、普通の場面であればただの恥で終わるところが、面接時に間違えると採用が絶望的になるようなことが多いのである。

内々定に関しては、新卒者に関する採用選考での企業や団体の倫理憲章に、正式に内定する日は、いくら早くても、10月1日以降ですと定義されているので、それまでは内々定というかたちをとっているのだ。

気になる退職金とはいえ、解雇ではなく本人からの申し出による退職なのであれば会社にもよるけれども、基本的に解雇と同じだけの額は受け取れないので、先に再就職先がはっきりしてから退職する方がいい。

一般的に日本企業でいわゆる体育会系の人がいいとされる理由は、言葉遣いがしっかりできるからだと言えます。

体育会系といわれる部活では、先輩後輩がはっきりしているため、苦労することなく身につくものなのです。


関連記事


結婚相談所をランキング形式にて紹介

結婚相談所では、相応の費用がかかるわけですから、あとでくやしい思いをしなくて済むよう、良いと思った相談所を利用する場合は、申し込む前にランキングなどの内容を...


恋人作りを応援する企画

街全体が恋人作りを応援する企画として着々と広がってきた「街コン」の参加者は年々増加中です。 だとしても、「恋活or婚活に便利そうだけど、どういう内容かわか...


AX